イネウサルカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

0が過去で1が未来

【現在進行中の企画とか】
なし


【過去の企画】
・雷ネットオフ
・カオスゲートノーツ! 雷ネット担当
ログホラ鑑賞祭りっっ!!
・Project;TP

【出没地域】
・コミックマーケット
・ワンダーフェスティバル
・科学ADV関連イベント
・橙乃ままれ先生関連イベント
・秋葉原
 etc
スポンサーサイト
  1. 2020/01/01(水) 00:00:00|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

橙色乃茶会

橙色乃茶会お疲れ様でした。
とりあえずまあ無事に終えることができたので軽く書いていきます。
出力優先のてきとーな文です。

企画自体はいつから考えて動かそうとしてたんだっけな。
2014年の年始くらいかな?多分そんくらい。
本当は2014年の前半に1回目やろうかと思ってたんですよ。
企画時点から色々な人に声をかけてね。

最初はどっか大きくはないところに頼んで
間借りというかプチオンリーみたいなのでできないか
色々なとこに交渉しました。
ちょこちょこ出入りしてるとこあるからね。

でまあ、結局それは実現しなかったわけだけども。
結果的には良かったのかなーと、今では思う。
突発大阪出張時期とかぶる感じになってたし。

んで、友人に相談して、
「何とかは出来ると思うよ」
って言われたからさ、個人でやってみるかと。

企画時点から色々調べていたから
実作業が増えるだけだからまあ死なないだろと。

そんでもってやってみたらまあ事務作業レベルは大丈夫だった。
だけど運営というか広報的なのがダメダメでしたね。
その辺は本当に申し訳ありませんでした。

超絶下手くそだったにも関わらず、
超絶怪しかったにも関わらず、
参加してくれた人たちには感謝しかありません。

ちなみに、HPや会場配置の参考?パクリ?オマージュ?リスペクト?は
やっちゃばフェスブルーオーシャンです。
気づいた人いたかな?
実際に開催中の会場に足を運んだり、
荷物をどうしているかも運営さんに聞いたりした。

他にも、例のイベント(リンク先R18)秋コレ開催中だったり
会場が空いてる時にとにかく下見はしまくった。

橙色乃茶会を開催するよって告知出した日は胃が痛かった、ほんと。
色々見えてしまったしね。

企画に関してはまあ事前準備しておいて
狭くなったら減らす方向でって考えていたんだけども
結局は逆に増やしたんだよね。
これは俺が色々下手だったせい。
でもそれらを楽しんでくれたのは嬉しかった。

参加者数は15サークル、約100人でしたね。


そんで2回目。
本当はもっと早く動き始める予定だったんだけど
開催終了後1ヶ月以上魂が抜けていたからねー

2回目はどっちかというと
1回目に参加してくれた人たちのために開催した感じかなー。
そんな気持ちで動いていたように思う。

多分というかほぼ確実に
前回参加者の口コミのお陰でサークル募集は満了。
企画どうするかとか机の配置とかで結構悩んだよ。

ミラ研に関しては、やりたいって声があったから
検討し、提案し、会長に決定してもらった。
ほらそこ、囲い込みとか退路塞いだとか言わない。

サークル配置に関しては本当に悩んだ。
R-18でB1Fが埋まるくらい集まるんだったら、それもありかなとは思った。
でもそこまで多くはなかった。10サークルくらい?
だからそれをやるとR-18にもR-18と一緒になった全年齢が疎外感などを生む。

同じ作品を好きなもの同士なら仲良くはできずとも協力できると信じて
机ごとに組んでそれをランダム配置させることにした。
他作品で掛算違いで争いが起きているのは知っていたけどね。
NLだからBLだからと差別的なことはコンセプトと違うしね。

誰と誰を組ませるかもかなり悩んだ。
キャラ多いから同じカップリングが殆ど無いとかなんだよw
むしろそれが良いところなんだけどw

サークル、一般問わず参加者側からしたら色々言いたいことあっただろうね。
ちょこちょこ見えたし。
これに関して批判を主催にぶつける、つぶやくってのは許す。
しかし、他参加者に攻撃を加えるようなら排除する覚悟で決定しました。

地下に関しては、企画も置いたりして動線作ろうとしたんだけどね。
なかなか難しいね。
1回目の時はコスプレスペースだったけどガラーンとしてたし。

あと、アンケートで最低限のことだろとご指摘を受けた部分があります。
たしかにごもっともなことです。申し訳ありません。
最低限、それが一番難しい・・・

企画関係で1回目も2回目も参加者に時間が足りないと言われたのは
まあコンセプト通りかな?w
各企画担当者にほぼ丸投げしたのにほんとうまくやってくれました。
相変わらず何もしない主催w

意外だったのはミラ研。
狭いとはいえ満員だったのは驚いた。
そしてあの一角だけ明らかに空気が違ったwww
これは良い種が蒔けたんじゃないかな?会長頑張れw

こういう企画はコンセプトがすべてだと思ってる。
そのコンセプトは曲げてはいけない。曲げるくらいならやらないほうがいい。

橙色乃茶会コンセプト
・場所は秋葉原
・楽しさで企業のオンリーごときに負けない
・ただの同人誌即売会で終わらせない
・何でもあり
・開催時間中に帰る人を少なくする
(・仲良くできなくとも協力する)

2回目の参加者数は40サークル、約150人。
参加者は200いくかなとは思ったけど届かなかった。
運営的な意味ではその分楽だったかな。
残念とかじゃなく、それに対応できるよう準備してたってだけ。

1回目も2回目もスタッフを手伝ってくれた友人たちにはほんと頭が上がらない。
赤字運営ってのを言い訳にしたくはないけど大したお礼もできてないしさ。

ほんと皆様に感謝です。

あー、オレも一般参加したいw


終わってから感じたことだけど
規模が大きくなると主催って孤独になるんだなー
前回より孤独を感じたというか忙殺されたというか



ちな、なんでこういう企画(ログホラ鑑賞祭り、橙色乃茶会)をやったかっていうと
アフターであまにてんてーとも話をしたんだけど
やっぱり熱にアテられたんですよ。

mayさんのままれアンソロとササライさんのエルラジに!


オレは何も創れないからさ。
だからみんなが楽しめる場を用意したかったのかなー。
ようわからんw

まあ、ただイラスト関係をmayさんに依頼してるのは
上手いのもあるし、mayさんがままれ先生好きってのもあるけど
とんつうの帰り際話した時に応援したいと思ったからなんですよ。


結果として
「誰かに何かを残せたり」
「誰かと他の誰かが繋がったり」
「誰かの礎になれていたのなら」
それはそれでいいのかもしれないなー


1回目も2回目も告知から開催まではだいたい6ヶ月くらい。
スタッフの友人にはもうすでに1ヶ月以上前から伝えてることなんだけど
少なくとも2015年中の開催はありません。

#橙色乃茶会 まとめ http://togetter.com/li/829147
#ままれオンリー参加できないけど応援する まとめ 
http://togetter.com/li/829145
#ミラ研学会 まとめ http://togetter.com/li/829762


  1. 2015/06/02(火) 04:46:21|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ログホラ鑑賞祭りっっ!! 

アニメ ログホライズン 第2シリーズ ならびに
ログホラ鑑賞祭りっっ!!2が無事終了しました。

とりあえずてきとーに酔いに任せて書こうかな。


これのきっかけは2013/08/29のTwitterのひとつのつぶやきから。
https://twitter.com/denki_m/status/373036249415553024
「ログホラの鑑賞会みたいなのできたらいいよねー」と。

そのときはまだ放送時間とか調べてなくてな、
そっから色々調べ始めたんよ。

鑑賞会かー、カラオケとかでならできるなー。
土曜の夕方かー。それなら秋葉原でもできるなー。
パセラ地下とか……高い……
他会場……高い……

そういや最近よく行くRMは色々イベントやってたなー。
ハンバーガー屋だよなー。
紅茶もあるなー。
営業時間も問題ないなー。

ざわ……ざわ……

このとき、しろに電流走る!!!

いける!!!  かもしれない

今、この瞬間、ログホラ好きで、秋葉原にある、ハンバーガー屋に、よく通っている
この条件を満たしているのは自分だけだろうと、そう確信してしまっていた。
それは偶然という名の必然だったのかもしれない。

その週末、即座にRMのオーナー(大将)に提案。
大将は面白いことが好きな人だった。
アキバが舞台、ハンバーガーがキー。
大将は話を聞いてすぐにログホラ既刊6巻を買いに行っていた。

次の週、正式にお願いをしに行った。
自分としては最初と最後だけでもできればいいなーとか、
クレセントバーガー回もできたらいいなーとか考えながら
敢えて25週連続をお願いしてみた。即OK。

……おい!!!

俺が一番驚いたwそして困ったw
聞いた話によるとログホラ買った次の日にはほぼ読み終わっていて
あいつ来ないのか?とか言われてたらしいw

そっからは色々動いた。
ままれ先生にままれってぃーのレシピ聞いたり、
mayさんに無茶言ってイラスト描いて、もらったり、
ササライさんに宣伝してもらったり。

はっきり言って、mayさんの協力を得られた時点で
イベントはなんとかなるんじゃないかなって思った。

ただ、それでも1週目の緊張と不安は凄まじかった。
そして2週目の不安はもっと凄まじかった。
(1週目は祝儀的に来てくれてもそれ以降も来てくれるとは限らない……)

実際人が来なければ途中で終わっていた可能性がある。
それは自分の力ではどうにも出来ない部分。

店長だったあやなさんはままれってぃーや黒バラ茶の再現を頑張ってくれた。
大将はクレセントバーガーの再現を頑張ってくれた。
階下のベンガルさんからカレーを持ってきてもらったりもした。
何回も来てくれる人がいた。
友人知人を呼んでくれる人がいた。
宣伝してくれる人がいた。
手伝ってくれる人がいた。

本当にたくさんの人のお陰で無事終えることができました。
ままれ先生、ハラ先生ならびにすべての関係者様。
RM様。may様。宮魔様。
参加してくれた皆様。

本当にありがとうございました。













大将曰く、
土曜日のあの時間、他のイベントの依頼結構あったらしい。
他のイベント優先してください、とは言ってたものの
大将の判断で全部断ってたとのこと。
本当に有難いです。


ログホラ3期あったら、
もし状況が許すなら、
鑑賞祭りもやりたいよね。















ほんと、おれなんもやってねーけどさ……
言うだけならいいよね……
  1. 2015/03/29(日) 03:02:42|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015


自分の企画の勝率は決して高くなかった。
でも手伝ってくれる人がいたから、勝率を上げることが出来た。
そして成功と言えるところまでこぎつけれたのだと、本当にそう思う。
また、その恩を返したいとも。



  1. 2015/01/03(土) 12:03:52|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シロ様製作!

自作改造ねんどろいど<シロエ 2部ver.>の製作記録です。

(切羽詰ってて途中の画像ほとんどないけどw)


改造ねんどろいどは今回が2作目。

素体に使ったのは
頭部:絶望先生
身体:高木秋人(バクマン)
RIMG0076.jpg


身体については何でもいいと思います。
自分は鈴羽作ろうとしてて使わなかったため今回使用。

組み合わせるとこうなります。
RIMG0077.jpg


最初は1部ver.を作ろうとしてました。
こんなポーズさせたりとか
RIMG0078.jpg


でも考えると


・ポーズごとにマントの形を作る必要がある
・あの襟の高さ

とか調整が難しい項目が。

そこで2部ver.なら簡単なんじゃね?見本あるし!  ※某鳳凰院さんとかね
となり製作開始。


製作の流れとしては

・パテで大雑把な形作る
    ↓
・要らない部分をヤスリ等で削る
・足りないところにパテを盛る
・サーフェイサーで滑らかに
・ヤスリで滑らかに
 (これらを好きなだけ繰り返す)
    ↓
・塗装(2~3度塗り)
    ↓
・つや消し ※ねんどろいどの場合(2~3度塗り)
  


各パーツはこんな感じで作成
RIMG0092.jpg

RIMG0089.jpg

RIMG0088.jpg

RIMG0091.jpg

RIMG0090.jpg


途中の画像ないのでパーツごとに解説を

まず脚
RIMG0103 (2)


RIMG0111.jpg

RIMG0112.jpg


RIMG0107.jpg

RIMG0109.jpg

正直かなり手を抜きました。特に靴。かなり雑です。
それっぽく作るのが細かくて無理ってのも理由のひとつですが。
ねんどろいどの脚って小さいのよね。
オレンジ色の塗ってない部分は接続で隠れる部分です。
擦れてちょっと塗装剥げてる・・・


次は頭
RIMG0093 (2)

RIMG0097 (2)

RIMG0100 (2)

RIMG0102 (2)

RIMG0114.jpg

髪はほとんどいじってません。
一枚目左のハネを2個追加したのと、高等部にある分離パーツの溝を埋めただけ。
面相は自分で描きました。
参考にしたサイト:カホタンブログ(旧ミカタンブログ)


腕と手
RIMG0118.jpg
特に書くことなし。手が見えないな・・・


眼鏡
RIMG0113.jpg
五菱重工さんのところでレンズとフレーム購入。


身体
RIMG0119.jpg

RIMG0126.jpg

RIMG0120.jpg

RIMG0127.jpg

RIMG0128.jpg

RIMG0138.jpg

RIMG0123.jpg

製作時間の大半はここです。
コートなんてやり直し含めると最初の形を作るのに合計5時間はパテをこねこねしてたはず。
ひらひらさせた部分だけでね。なかなか納得いかなかったのよ。
バッジ?的なのとバッグは塗装してからパテが隠れるようにパテで固定。


滅びたる翼の白杖
RIMG0131.jpg

RIMG0132.jpg

RIMG0133.jpg

RIMG0134.jpg

こいつもきつかった。特に翼の部分。
参考は7巻のイラストとコミケの時のポスター。
翼は物理的に空中に浮かせるのは無理だから違和感でないように全部つなげた。
カッターと彫刻刀ではやはり粗が目立つ。リューターではうまく削れなかったし。
これ以上を求めるならレーザー加工か超音波カッターかなー。
ちっちゃい部分は微量のパテによる固定。下手に触ると取れますw
この杖の中心には1.0mmの鋼線を使ってます。こんな感じで三分割で。





これも時間なくて上部てきとーなんですよねー。
次はもうちょいうまく作りたい。

RIMG0102.jpg


写真の履歴見ると一番上が1月末。そのあとのが2月中旬。
全部でかかった時間は50~100時間の間くらいでしょうか?
まあ乾燥待ちの時間もありますのでなんとも言えませんが。

また何か作りたいですね。
絶望先生の身体があまってるのでソウ様とか?
まあモチベ次第ですwww


  1. 2014/03/26(水) 00:25:56|
  2. 記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

しろ

Author:しろ
ちょーてきとーに

Twitter:@46_white
サークル:ウエネウサル

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
記録 (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。